まず、低糖質ダイエットをする前に、糖質について、少し勉強していきたいと思います。

 

皆さんは、自分の食事にどれだけ、糖質が含まれているかご存知ですか?

カロリーの低いものを食べれば良い、と思われている方も多いはず。

しかし、カロリーが低くても、糖質が高ければ何にもなりません。

 

そこで、糖質とは何?と言う疑問が出て来る訳ですが、糖質とは炭水化物から食物繊維を引いた物です。

例えば、ヘルシーだからと、ダイエットに春雨を食べる人がいると思いますが、これが意外な事に、糖質がとても高いのです。

 

白米茶碗1杯の糖質が約50gなのですが、春雨は100gで糖質が約80gも入っているのです。

これには驚きますよね。

 

ですから、自分は低糖質の食品を摂ってダイエットをしているつもりでも、実際は糖質の高いものを食べていた、と言う事になる訳です。

 

低糖質ダイエットとは

 

糖質は糖分が含まれる物の事ですが、砂糖を使ったお菓子、果糖が入っている果物、ご飯、パスタ、パンなどの炭水化物、これら全てが糖質と言う事になります。

また、低糖質ダイエットは、糖質だけを控えて、たんぱく質や脂質などを減らす必要はありません。

 

では、一日にどれだけの糖質を摂っても良いのか、と言う事ですが、普通の生活をしていく上で必用な摂取量は260gと言われています。

これがダイエットを目的として考えると、ダイエットの仕方にもよりますが、約50g~160gと言われています。

 

自分が、どの程度のダイエットをするのか考えて糖質の摂取量も考える必要がありそうです。

 

*低糖質ダイエットのメリット

①カロリーを抑えられる

私たちが摂取するカロリーの半分は糖質です。

ですから、糖質を制限する事でカロリーも抑える事が出来ます。

 

②血糖値の上昇を抑える

糖質は体の中でブドウ糖となり血液に入って行きます。

血液中の糖質の量を血糖値と言うのですが、沢山糖質を摂り過ぎるとその血糖値が上がってきます。

 

それを下げてくれるのが、インスリンと言うホルモンなのですが、これが血糖値を下げる代わりに脂質を溜め込んで、更に脂肪の分解を抑制していまいます。

 

ですから、糖質を制限すれば、血糖値も上がりにくくなる為、太りにくく、痩せやすい体になれるということになります。

 

*デメリット

痩せるから、と言って、必要以上に糖質をカットしてしまうと、エネルギー不足になり、筋肉が落ちて体調を崩しやすくなります。

ですから、糖質を減らした分は、たんぱく質や脂質で補う事が大切になります。

 

また、脳の働きに一番使われるのが、糖質なので、極端に減らしてしまうと、頭がボーっとしたり、集中力が無くなるので、急激な糖質の制限は危険です。

 

 

如何だったでしょうか?

低糖質ダイエットをする場合は、面倒でも食品に含まれる糖質量を知る事が大切です。

なぜなら、知らないうちに糖質を摂っていて、痩せない、と言う事になり兼ねないからです。

そして、同時に筋トレなどを取り入れると、もっと効率的なダイエットが出来る事と思います。

 

また、最初から極端に糖質を減らす食事をすると、ストレスが溜まったりして長続きしないかも知れませんので、自分の体調を考えながら、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。